事業紹介

健康経営

Health management


健康経営とは

企業価値の向上のためには「健康経営」が不可欠です



健康経営とは、「従業員の健康保持・増進の取り組みが、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えの下、健康管理を経営学的な視点で考え、戦略的に実践すること」を指します。
企業が成長・継続し続けていくためには、健康経営は欠くことのできない要素であり、その実践により、医療費の適正化や生産性の向上が望めるだけでなく、従業員、リクルート市場、投資家等から見た「企業イメージの向上」につながります。

健康経営の実践によるメリット

健康経営優良法人認定制度=「健康経営の見える化」



「健康経営優良法人制度」とは、経済産業省と日本健康会議が主催となり、2017年から毎年実施している制度で、とくに優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を認定するものです。
健康経営優良法人の獲得により、社内外に向けて「健康経営を見える化」することにより、「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的な評価を得ることができ、企業価値を高めることにつながります。
従業員数により、大規模の企業等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門に分けられ、各部門における上位500社には「ホワイト500」「ブライト500」の冠が付加されます。

健康経営優良法人認定制度
  • ※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。